長岡市 寿司・和食 | Healthy Dining 「一」(いち)

一(いち)コンセプト

食材に贅を尽くすだけでは物足りない。食を愉しむ時間のあり方までも追求したい。

「一」は、これまで味わうことのできなかった食の豊かさと、

それを愉しむための空間と時間にまでこだわり、

ここにしかない、満たされたひとときをご提案します。

あらゆる価値が融合する「食」と「サービス」はこれまでの上質に一線を画す誇りに満ちています。

一(いち)支配人 小野塚 明 一(いち)支配人 小野塚 明 コンセプト

昨今の日本人は、洋食文化に詳しくなる一方、日本食となると、やや疎かになっている観が否めません。私たちは、お箸の文化である「和食」にこだわりながら、新たな美味を調和させた豊かな食をご提供します。個室というサービスはとことん磨きをかけました。駐車スペースから専用のドアを開けば、そこは、誰にも邪魔されないプライベートな空間です。素の自分に戻って、思う存分、和食の極みを楽しむことができます。新潟だけにとどまらない日本全国の食材を集めた本物の美味しさを周囲を気にせずご満喫ください。食とサービス、それぞれのエキスパートが、あなたの期待以上の価値をもってお応えいたします。


支配人 小野塚 明

ホテル日航新潟で要職を歴任。サービスのエキスパートとしてコンシェルジェ職を担当。
お客さまのご要望にお応えします。

一(いち)料理長 近藤 武 一(いち)料理長 近藤 武 コンセプト

箸の文化と称される和食ですが、そこには組み合わせの妙があります。それら、和食に息づく様々な美味しさを、季節や食材に合わせて組み合せてご提供します。食材は新潟だけに限らず日本全国の旬にこだわり、それらの美味さを引き出す料理手法で、これまで新潟では味わえなかった和食の美味しさを追求していきます。和食の醍醐味は、素材に頼るだけでなく、料理人の手仕事によって生み出されるものです。手をかけ、手間ひまを費やした一品だからこそ、創り手の想いや愛情が宿り、美味しさを実感いただけるはずです。和食は、不易流行。受け継がれてきた伝統を守りながらも、時代が求める新しい美食をご提案していきます。


料理長 近藤 武

新潟市の老舗割烹「大直」、長岡市の「あさひ山」で和食を学び、素材の良さだけに頼らない日本食文化を提案する料理人。
四季の美味と技が光る美味しさでお客さまをお迎えします。

一(いち)寿司長 須貝 和巳 一(いち)寿司長 須貝 和巳 コンセプト

私たちは、海の幸に恵まれた新潟ならでは寿司の美味しさを追求します。それは、太平洋側にはない独自の美味さを秘めた大きな可能性に満ちた挑戦です。地元の方々でも寿司ネタとして食したことのない鮮魚のうまみを握りご提供することを目指します。同時に「カウンターの醍醐味」も実感していただきます。あたかも眼前にいる寿司職人が、食の進み具合や食べ合わせなどに合わせ、ネタやシャリの大小、シャリの種類などを選ぶように、その時に一番適切で美味しいと感じられるお寿司をお出しします。お客さまひとりひとりに気を配り、その時一番美味しいと感じられる新潟の寿司にご期待ください。


寿司長 須貝 和巳

「銀座福助」「築地寿司岩」、リーガロイヤルホテル寿司部寿司長を経て、食材を見極める目を養う。
新潟という地の恵みを活かした寿司文化を提案し、和食との調和を実現します。

一(いち)空間デザイン 宮嶋 利光 コンセプト

これまで長岡にはなかった景色が誕生しました。日本の伝統建築である数寄屋造りに、多様な素材を融合させた佇まいは、高級アーバンリゾートハウスと称されるべき存在です。6つの個室がある1階は、駐車場から直接入れる徹底したプライベート空間。フロアの随所でゆらめく水と光と音は、心を癒してくれます。2階は、和の価値を追求しました。畳の上のローテーブルとチェアでいただくスタイルも新鮮です。できる限り曲線を廃し、直線によるデザインで設計された室内は、ラグジュアリーなイメージを創出しています。非日常と癒しの共存。お客さまひとりひとりの晴れの場がここに生まれました。


空間デザイン 宮嶋 利光

現職で、数多くの店舗設計デザインの実績を誇る。
個室という新しいスタイルを引き立てながら、ホスピタリティに満ちた空間でお客さまをお迎えします。